紫詩宮

第3の紫。

紫は詩。あるいは、死。
ここはどこ。なぜここに。どこからきて。どこへいく。

どんなときも、左手でセロを奏で/右手で言葉を紡ぎ
その問いを希求し続けた、左ききのゴーシュの到達した答えがここにある。
第三小品集『紫詩宮』、雪月花三部作ここに完結!



装丁意匠はアートディレクタとして、広告を中心に活躍する若岡伸也氏にお願いいたしました。青月泰山の空想を具現化するため最後まで校正を重ねた、特殊印刷仕様の装丁をお楽しみ下さい。

装丁撮影は、青月泰山も参加するCaccinicaのカウンターテナー俳優、声優、そしてカメラマンと幅広い活動をされている湯澤幸一氏 によるものです。また、こちらも特殊紙、そして特殊印刷を駆使したポストカードをセットにいたしました。是非、保護袋より取り出し、光にかざしてご覧下さい。

9曲 46分

PRICE

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円

※7,500円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する
  • Home
  • About