月の沙漠の金砂子 (小) -吟遊詩人の旅土産 No,001-

吟遊詩人の旅土産/スーヴニール No,001

『月の沙漠の金砂子』

黄砂塵の奥深くにある『月の沙漠』。
そこから吟遊詩人が持ち帰った砂になります。

月の沙漠の砂は、百年に一度雨期が訪れたとき
雨に濡れ、虹の光が当たると黄金に変わるといいます。

この辺りに住む『青衣の民』は
黄金のことを腐った金として忌み嫌ってきました。
なぜなら百年に一度生み出される大量の黄金は
古くから度々争いの火種となってきたからです。
なので黄金を一ヶ所に集め、人の目に触れないように言い伝えてきました。
それが黄金郷-エルドラドとして伝説になり、人々に広まりました。

また、一説によるとかつて月の沙漠の一帯は
緑が溢れ、泉が満ち溢れる美しい緑地だったそうですが
黄金に目が眩んだ人々が砂地を広げ
今のような不毛な大地になったということです。

黄金欲しさに、硝子の容器を、決して開けないでください…。



こちらの商品は
月の沙漠の金砂子 (小) 2mLになります。

月の沙漠の金砂子 (大) 5mLは
別ページよりお申し込みくださいませ。



こちらのダイアリイもご参照ください。
http://seigetusha.net/diary/?p=109

また、本アイテムは全て手作業の仕上げになりますため
完成までにお時間を頂戴しております。
7月下旬発送予定ですので、ご了承くださいませ
(同時にお申し込みいただいた他のアイテムについては順次発送いたします)。
発送タイミングなどはダイアリイやツイッターでも告知いたします。

何卒よろしくお願い致します。

¥ 3,000

SOLD OUT

大変申し訳ありません、こちらの商品は完売いたしました。詳細についてこちらよりお問い合わせください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 510円

※7,500円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する
  • Home
  • About